薬剤師の転職が多い理由

薬剤師の人は転職率が多い事で知られています。でも薬剤師の人はなぜ転職していくのでしょうか。ここでは薬剤師の転職理由について解説します。

 

・収入に対しての不満
まずは給料が安すぎるという事です。薬剤師の平均年収はおよそ530万円ですが、これよりももっと低いと自分の年収が低いと感じるのです。労働条件も同じようならもっと給料をもらえるところに転職したいと思うのです。仕事の量が多いのに低収入だったリ業務は難しいのに、収入が低いなどの理由で転職する事を決意します。

 

・人間関係が疲れる
店長や主任、先輩との人間関係がうまくいかないので、仕事に行くのが辛くなります。他にも同僚との関係もあります。もしくは後輩との関係などです。一生懸命仕事を教えているのにできない。ミスがあれば自分がカバーする必要があるなど。こんな事で次第に後輩にイライラが募っていきます。

 

・仕事にやりがいがない
今の仕事に労働意欲がわかないとか、もっと違う仕事をしてみたい時に転職を考えます。

 

・労働時間が長い
残業が多いのでプライベートな時間を持てないとか、体力の限界を感じる時に転職を考えます。特に薬剤師が不足している職場では深夜になっても帰れない、休みたいのに休めないなどという事があります。

 

・出産育児に理解がない 
これは女性ならではの悩みですが、まだまだ日本の社会は出産や育児に対して理解を示していない人がいます。特に薬剤師の場合は女性が多いですから、このような理由から転職を考えるのです。薬剤師に限らずどんな仕事も大変ですが、薬剤師を取り巻く環境ならではの理由もあるのです。