金の割金についての知識

純金は24金(24K)ですが、柔らかすぎてそのままデザイン・加工してしまうとジュエリーとして耐久性に欠けてしまう為、他の硬い金属を調合します。
刻印などで見かける "K18", "K14", "K10" というのは、純金である24金に対して、18、14、10の割合であるという事=18/24、14/24、10/24という事です。
18金では75%が金、14金で58%、10金で41%が金です。割金(わりがね:金と混ぜてある金属)が何であるかによって、金の(厳密には合金の)色が変わります。
ピンクゴールドは、銅を混ぜてあります。
ホワイトゴールドは、パラジウム、イエローゴールドはシルバーを基本的に混ぜてあります。
この中で一番高価なのはホワイトゴールドですが、それは割金であるパラジウムも高価な為です。
ホワイトゴールドは少し黄色っぽい色になるので、一般的にその上にメッキをかけます。
ロジウムメッキです。
ロジウムは硬質な銀色をしており、ホワイトゴールドの色だとよく思われているのは、実はこのロジウムメッキの色なのです。
メッキなので剥げる事がありますが、購入した店舗へ行けば、再度ロジウムメッキをかけてくれるでしょう。
ジュエリー購入時にはそういったサービスが有料なのか無料なのかを確認しておくと良いと思います。
宝石がついている場合でも、メッキをかけることは可能です。
オーダーメイドなどメッキをどうしてもかけたくないという場合には、「全パラ」と呼ばれる配合のホワイトゴールドを注文すると、黄色っぽさの感じられない、ホワイトゴールドに仕上がります。