2016/09/15 16:41:15 |

薬剤師の雇用規模は、様々な医療関連の職場で拡大傾向にあるのではないかとみられています。薬剤師として勤務したいと考えている人にとっては、このような雇用規模の拡大にまつわる傾向が歓迎されているのではないかと推測されています。昨今は、薬剤師を意欲的に雇用したいと考える職場も多くのエリアで増加してきており、新たな薬剤師の仕事をする人が誕生する環境も整備されるとみられています。雇用規模が拡大することに伴い、優秀な薬剤師が出てくる可能性も高まるとみられていることから、薬剤師が活躍できる可能性も高くなるのではないかと思います。こうした傾向も、雇用の規模が大きくなることによって期待できると推測されています。
以前に比べて薬剤師の仕事をする人の必要性が、強く認識されるようになってきているのではないかと考えられています。そのため、雇用を意欲的に行い、多くの薬剤師の人材に活躍してもらおうとする動きも加速することに繋がっていると言えるのではないでしょうか。全国の各地でこの特徴が見受けられるようになり、新たな薬剤師の人材が次々に誕生する環境が構築されることにも関与しているのではないかと思います。今後も薬剤師の雇用に関する規模は、更に大きなものとして見受けられていくのではないかと予測がなされています。そのため、薬剤師の仕事にあこがれを持つ人が、その夢を実現させるケースが、これまで以上に多くなるのではなかいかとみられています。

2016/08/31 14:58:31 |

苦しんでいる方にとって薬剤師の処方する薬品は心身ともに癒し直してくれる素晴らしい物となっています。
そんな薬剤師の方の中にはさまざまな理由にて一度職を離れ、再度薬剤師として活躍したと願っていらっしゃる方も多いかと思われます。
そんな薬剤師として復職する為に重要となってくるポイントについて掲載していきます。
まず仕事と家庭との両立です。
結婚・出産を機に退職し、復職を願っている方であるならば勤務時間や日程が重要となってきます。
子供の帰宅時間まで勤務したいとか急病にて早退しなければならい事も発生してきます。
その為そのような事態が起こっても快く承諾してくれる職場を探す事が重要となってきます。
家庭を持ち、さらにブランクがある方にとってはその事を理解してくれる職場が必要となってきます。
次に再度勉強が必要となってくる部分についてです。
結婚・出産にて退職した方の中には10年以上のブランクがある方もいらっしゃるかと思われます。そこで最も重要となってくるのがそのブランク期間で世に出てきた新薬についてです。
いくら薬剤師の資格があっても自身が休んでいる期間に生み出された新薬については全くの素人になってしまいます。
患者さんに処方するには薬の摂取量や効能をしっかりと把握していなければ出来ないのです。
その為、ブランク期間に生み出された新薬についての勉強が不可欠となってきます。
薬剤師復職する事は決して楽な事ではありませんが、多くの人々を助ける事が出来る素晴らしい仕事なのです。

2016/08/29 18:05:29 |

薬剤師の人は転職率が多い事で知られています。でも薬剤師の人はなぜ転職していくのでしょうか。ここでは薬剤師の転職理由について解説します。

 

・収入に対しての不満
まずは給料が安すぎるという事です。薬剤師の平均年収はおよそ530万円ですが、これよりももっと低いと自分の年収が低いと感じるのです。労働条件も同じようならもっと給料をもらえるところに転職したいと思うのです。仕事の量が多いのに低収入だったリ業務は難しいのに、収入が低いなどの理由で転職する事を決意します。

 

・人間関係が疲れる
店長や主任、先輩との人間関係がうまくいかないので、仕事に行くのが辛くなります。他にも同僚との関係もあります。もしくは後輩との関係などです。一生懸命仕事を教えているのにできない。ミスがあれば自分がカバーする必要があるなど。こんな事で次第に後輩にイライラが募っていきます。

 

・仕事にやりがいがない
今の仕事に労働意欲がわかないとか、もっと違う仕事をしてみたい時に転職を考えます。

 

・労働時間が長い
残業が多いのでプライベートな時間を持てないとか、体力の限界を感じる時に転職を考えます。特に薬剤師が不足している職場では深夜になっても帰れない、休みたいのに休めないなどという事があります。

 

・出産育児に理解がない 
これは女性ならではの悩みですが、まだまだ日本の社会は出産や育児に対して理解を示していない人がいます。特に薬剤師の場合は女性が多いですから、このような理由から転職を考えるのです。薬剤師に限らずどんな仕事も大変ですが、薬剤師を取り巻く環境ならではの理由もあるのです。

2016/08/28 17:45:28 |

どんな職種でも資格を必要な仕事は、いつまでも働くことができるものが少なくありません。
その中で、薬剤師はとても安定した職種です。医療に関する仕事でやり甲斐もあることと思います。
薬剤師の資格を取得するためには、薬科大など、専門課程を6年学ぶ必要があり、学費もそれなりの費用がかかりますが、それでも将来的には有望だとも言えるでしょう。
専門課程を終えて、資格を取得した後の働く場所としては、薬剤メーカーや薬局での就職先があります。
薬局も最近では大学病院近くにある調剤薬局でも積極的に薬剤師を登用しています。
また、パートの薬剤師の年収さんでも、時給が普通パートと比べて、倍以上の収入を稼ぐことができます。
これらのように普通の職種と比べて、とてもいい仕事ではないでしょうか。
この数年、高齢化に伴い薬局も大きく対応が進化してきました。
特に調剤薬局では、高齢者の方が訪れる人が増えているので、それに対応できる薬剤師さんが求められているようです。
社会的な変化の中で、人の健康の維持、増進について、アドバイスをすることも求められているのでしょう。
病院で発行された処方箋を元に、薬の効果の説明、効果的な服用方法と丁寧に優しく説明してくれる姿は、とても気持ちいいものです。
病気で困った人の身体の健康を守ることを支えることができる薬剤師の存在は、とても貴重なのだと思います。
薬剤師になるまでのステップには、多くの苦労や努力が必要ですが、これからも期待大の職種です。

2016/08/27 14:43:27 |

薬剤師は結婚ということに関して言えば、非常にメリットが大きくある職業ではないか?と思います。
結婚ということに関して言えば、多くの人は安定した収入を望みます。
特に女性側は男性の収入に求めることは安定した収入で、かつそれなりに金額が大きいことではないでしょうか?
薬剤師という職業はそれなりの給料を貰えるケースが多く、かつ安定しています。
今後、薬剤師という職業の価値が下がることは考えづらいです。
現時点でも薬剤師の数というのは足りていない部分もあるくらいで、薬剤師の需要はかなり大きいです。
そして、薬を調合できる資格を持っている人は、薬を必要とする高齢者がどんどん増えてくるであろう今の時代には欠かせません。
これからも高齢者の数や割合は増す一方と言われている中では、薬剤師への需要は増えることはあっても減ることは考えづらいのです。
そうなると、安定した職業という点は満たしていると思いますし、給料の金額としても十分と言える額を稼げる人が多いと思います。
女性でも薬剤師は結婚相手として人気になると思いますけど、特に男性の薬剤師はこういった点を理解している女性から見れば、とても魅力的な人に映るはずです。
男性の薬剤師といっても多くないですけど、多くないからこそ貴重であり、女性からも結婚したいと思われるケースが多くなると思います。
そういった意味では男性の薬剤師は特に、結婚しやすい、結婚相手として女性から人気の職業になると思います。